« 2016年2月のフラット35金利予想 その2 | トップページ | 適合証明書以外に第三者機関が交付する証明書等を活用するケース ~フラット35S~ »

2016年1月25日 (月)

フラット35Sの制度拡充が終了目前!~平成28年1月29日まで~

平成26年度補正予算によるフラット35Sの制度拡充は、平成28年1月29日が申込み期限となっています


この制度拡充に間に合うとフラット35Sの金利引下げ幅が通常0.3%引き下げのところ、0.6%金利引下げとなります


制度拡充中の申込と拡充後の申込では、返済額にかなり大きな差がでてきます

フラット35制度拡充後の返済額を比較! ~2015年2月から7月金利~

0.3%の金利差!フラット35制度拡充前と拡充後!


あと数日・・・あと数日で制度拡充が終了となります


既に土地は確定していて建築プランは大雑把だけど見積や図面ができているという方は、迷わずフラット35の正式申込みの段取りをしよう



●提出書類のここに注意しよう
急いで準備すると、どうしても書類に不備がでてしまうものですが、公的証明書等の日付が印字される書類関係だけは必ず期日前に準備しよう


●申込み後のここに注意しよう
請負:申込後に予定していた土地を変更してしまうとアウトです
仲介:予定物件が売れてしまい違う物件にするとアウトです




長期金利の動向はこちら

【必見】長期金利の最新動向【素人専用】


ブログランキングに参加しています
応援いただけると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ


●関連情報

フラット35金利関係記事一覧

2016年2月のフラット35金利予想

マイナンバーと源泉徴収票 ~ローン審査が少し楽に~

現在返済中のカードローンがある場合、フラット35の借入額はどうなる?

クレジットカードでの買い物は住宅ローン審査に影響があるか?

クレジットカードの引き落とし日には注意しよう

ローンの返済と一緒に貯金もできる資金計画をしよう!

他のローンがあると住宅ローンはいくら下がるのか!

|

« 2016年2月のフラット35金利予想 その2 | トップページ | 適合証明書以外に第三者機関が交付する証明書等を活用するケース ~フラット35S~ »

フラット35」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラット35Sの制度拡充が終了目前!~平成28年1月29日まで~:

« 2016年2月のフラット35金利予想 その2 | トップページ | 適合証明書以外に第三者機関が交付する証明書等を活用するケース ~フラット35S~ »