« 嵐の前の静けさか?長期金利はマイナス0.120%へ下落 ~2015年5月上旬~ | トップページ | 2016年6月のフラット35金利予想 »

2016年5月 9日 (月)

毎月の返済額から借入可能額を計算!そしてその必要年収は?

住宅金融支援機構のホームページでは、色々なローンシミュレーションが可能です


毎月このくらいなら返済できそうなんだけど、今の金利だとどのくらい借りられるのか?なんてことも簡単に計算できます


次の表は、6万円から10万円までの1万円単位で毎月返済していけるとした場合2016年3月~5月の金利ではいくら借りられるのかそして借りられる場合の必要最低年収を計算してみました

(フラット35の35年ローンで試算しています)


●毎月返済額からいくら借りられるか?そして必要年収は?

毎月返済額 借入可能額 必要年収
5月金利
1.08%
4月金利
1.19%
3月金利
1.25%
60,000円 2,097万円 2,060万円 2,040万円 240万円
70,000円 2,447万円 2,403万円 2,380万円 280万円
80,000円 2,796万円 2,746万円 2,720万円 320万円
90,000円 3,146万円 3,090万円 3,060万円 360万円
100,000円 3,496万円 3,433万円 3,400万円 400万円



上記の表は住宅金融支援機構の次の2つのシミュレーションを組合わせすることで計算できます

毎月の返済額から借入可能金額を計算

年収から借入可能額を計算


既存借入がなかった場合の単純計算ですので、既存借入があったりすると借入限度額は下回ってくることになりますが、比較的簡単にシミュレーションすることが可能です


借りる前には、何度も何度もシミュレーションしていただき、綿密な計画を組むようにしましょう


また、返済できる金額だからGOサインを出すのではなく、今後想定される支出の増加も見込み、返済しながらも貯蓄できる余裕のある計画をしてきましょう

ローンの返済と一緒に貯金もできる資金計画をしよう!




長期金利の動向はこちら

【必見】長期金利の最新動向【素人専用】


ブログランキングに参加しています
応援いただけると励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ


●関連情報

フラット35金利関係記事一覧

マイナス金利の影響でフラット35は過去最低金利を突破できるか!?

金利差0.05%ってどのくらいの差になるの? ~瞬時に計算~

5年後、10年後・・・30年後の住宅ローン残高は?

0.3%の金利差!フラット35制度拡充前と拡充後!

クレジットカードでの買い物は住宅ローン審査に影響があるか?

クレジットカードの引き落とし日には注意しよう

ローンの返済と一緒に貯金もできる資金計画をしよう!

現在返済中のカードローンなどを完済する前提で申込みしたらどうなる?

|

« 嵐の前の静けさか?長期金利はマイナス0.120%へ下落 ~2015年5月上旬~ | トップページ | 2016年6月のフラット35金利予想 »

フラット35」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎月の返済額から借入可能額を計算!そしてその必要年収は?:

« 嵐の前の静けさか?長期金利はマイナス0.120%へ下落 ~2015年5月上旬~ | トップページ | 2016年6月のフラット35金利予想 »